読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈RINEX〉RIN'S EXPRESSION

Rinの日々の気づきを表現していくブログ

みじめから気づいたはなし

 

 

みじめみじめみじめみじめ

 

 

ここにきて全てにおいて

そんな風に思えてきてる。

 

まぁいいや

ひとのことはいいや

そんなもんでしょ

 

 

って

平気なかおして通りすぎるふりをした

そんないくつかのものたちが

クレバーのようにおおきく口をあけ

あんたの傷口はこれだよ

くそわらって

感じでドッロドロでどこの年寄りレベルの

乾いて20とはおもえない姿で登場。

 

 

もう悟ることはすべて悟ったくらいに

色々ありすぎて

自分を内省した人生だった。

きっと、てか

本当に他人のせい百パーセントのことだって

それ以上にあったとおもう。

 

でも相手は

絶対にごめんなさいをいわなかった。

 

わたしが内省するとわたしのせいだというと

大人はよくわらうようになる

 

わかってた

 

あぁ

あぁ

 

""子供でいたかった""

 

 

きっとこのおもいが

わたしを大人にさせない潜在意識

 

 

わたしはもっと

こどもでいたかった

 

誰にも頼られず甘えられず

誰にも頼って甘えられる

 

そんな時期を過ごしたかった

 

 

パートナーに求めてるのが

子供扱いしてほしい

だときづいた

 

友人には

対等で平等な関係を求めた

 

 

 

つまり

友人から恋人になると

その間でわたしが変容するのだ。

 

誰しもかわるとおもう

でもそれが相手も望んだものか?

 

わからないけれど

私にとってのほしかった愛情愛着とやらは

 

『『子供あつかいされる』』

だったんだときづいた。

 

 

わかった

ここにきて

 

子供扱いされたかったんだ

 

 

子供でいられなかった

嘘ついた子供時代

 

もう子供は認められなくなった

さらに嘘ついた子供なおとな時代

 

もう、目をはなすことはできない。

 

 

わたしは

小学生の頃

したかったじぶん

そのまま

してたじぶん

そのままに

 

周りに迷惑かけて

気を遣わせよう

 

 

それが絶対的に無理だとわかってから

その[やりたい本心]に

気づかないように

ある感情を消し去った

感じなくさせた

 

 

きっとわたしが 

感じなくさせた感情は『愛』

 

そうさせたのは周囲のせいだ

もう断言してしまう

百パーセント周囲のせい。

わたしがどうにかできる余地など一ミリもなかったし

どうにかしように全力をつくしてなにもかわらなかったのがそれを確かに証明している。

 

 

わたしがなくした感情は愛

 

いまになって、

言い方が冷たいとか

人間関係が冷たいとか

ひとのこと考えてないだとか

他人事なんだよなとか

 

ちかしいといわれる

恋人や活動がおなじグループのひとたちにいわれる

 

私にとっては

なにがいけないのか

なんでおこられてるのか

私だったらこういわれたら嬉しい

をもとにして動いてる

 

ひとのことは

周囲のやつ以上に気を配りまくって

発言してる

 

なのになんで?

 

 

わたしだったらこう言われたら嬉しい助かる

 

 

周囲の感情とちがっているから。

 

 

 

大多数がそうだったから

大多数にあわせることはないけど

 

なんせいきづらい

生きるのやめろよ人間のくず

みたいな顔で

いつのまにか一対大多数

になってる。

 

戦う気もない

思いやる気しかない

のに。

 

 

不毛な戦場。

 

不毛な線上。

 

 

 

そこでわかった

わたしが幼少期早々にすてた感情は愛

 

そしてわたしがそれでも

愛だとおもってうけとるしか自分が保てなかった偽の愛が

いま冷たいといわれるその愛。

 

 

私にとっては

大切なひとにされたことが愛だとインプットされる

実たいけんによって、だ。

 

それが上記の冷たい発言だったのだろう。

 

 

またわたしがいけないの

頑張ってきたわたしは

いったいだれが認めてくれるの

ほめてくれるの

わかってよ

なんで表面だけ見て嫌うの敵にするの

説明したって冷たいだけ

いくらやってもわかりあえない

それをまず理解してよ

 

敵意はないんだって

価値観による言動のちがいだけで

もとのかんじょうは

きっとおなじだ。

 

 

 

わたしがとりもどしたいのは

自分が

子供扱いされて

子供でいられる

「愛」の感情

 

今の偽のままでは

正当な子供扱いは

自分にできないだろう

 

テンプレートが偽だったんだから

 

だから一度

全部すてるんだ

 

自分の価値観

大切にしたもの

過去の記憶

そう、過去だね

 

ずっと生きてきたことを証明することはできない

今うまれたことを証明することもできない。

 

 

いま幸せじゃない現状があるなら

 

一度土に還す

すてるんじゃなく糧になるために

 

糞を肥料にするように

土に還す

 

糞も使い方次第では

いいものと合わせれば

栄養になるから。

(きっとそれが演者につながる)

 

 

だからまずは

自分を捨てる

 

 

更地にしてから

もう一度生きよう

第三四くらいリセット決めてきたけど

もう第三、四?の人生すたーとだ

 

大四章

死ぬ

 

みたいなかんじて

 

大五章

誕生

 

みたいなかんじて

 

 

自分を捨てる

更地の状態で普遍的な愛を吸収する

 子供あつかいされる する

 子供でいられる いる

 

愛の感情を育成していく

 

ここで肥料になった過去登場!

肥料を加えて

愛の感情に

それまでの過去(栄養)をくわえ

自分が底上げされる

 

 いわゆる

 おとな(自律自立)になる

 

ここまできて大人だ

 

 

 

うん

そうしよう。

 

 

まずは

このくさった頭をどうにかしたい。

 

てかやっぱり

地毛の色がわたしにいちばんよくにあうな